プルミーは赤ちゃん向け?

プルミーは赤ちゃん向け?安全性と刺激を考える

プルミーは赤ちゃん向けというか、赤ちゃんにも使えるアトピーグッズとされていますけど
実際のところどうなんでしょうね。

 

 

実際のところ、ステロイドは副作用がでる可能性があるということ自体は
よくできているアトピー薬だと自分は思っています。
色は無色ですし、においもほぼありません。
刺激があるわけでもありませんし、かゆみ止め効果も高いわけで
赤ちゃん自体は副作用があるとは思っていないでしょうから
そういう点ではステロイドは理想的なアトピーグッズといえると思いますが
ステロイドは効果が強すぎる・・・いわゆる副作用の関係で
赤ちゃんにはあまり使用しないほうがいいといわれています。

 

 

プルミーは
かゆみ止め効果はステロイドより劣る
においも、ステロイドより強い
塗り心地もオイルですから、ぬるっとしていて少し抵抗がある
色は白色ですが、塗れば透明で気にならないレベルといえるでしょう。
つまりいろいろな点でステロイドより劣っていると思います。

 

でも、プルミーがステロイドより勝っている点として

 

プルミーには副作用の心配がない

 

という点があります。
皮肉なことに、プルミーはステロイドほど強い効果がないという点において
副作用の心配もないといえばいいでしょうか。
ステロイドにも強さがいろいろあって、強さが強いものほど
副作用の心配もあがるといわれていますから
そう考えれば、プルミーがステロイドよりかゆみどめ効果が低いのなら
副作用がなく安全に使えるのもあたりまえといえば、あたりまえなのかもしれません。

 

ただ、プルミーはそういった効果がステロイドより弱く
副作用がないという分

 

塗り重ね

 

によって、アトピーのかゆみに対抗することができます。
ステロイドは1日になんども塗ると、副作用の危険があがりますが
プルミーなら1日になんども塗ることができる・・・
でも、それは言い換えるのなら手間がかかるアトピーグッズといえると思います。

 

プルミーは赤ちゃん向けといわれていますが
それを使いこなすには、最低限赤ちゃんの肌にプルミーがあうのが大前提で
1日になんども塗りかさねをしてあげることにより、皮膚バリアを張る必要があります。
プルミーも大事ですけど、それ以上に親の手間がかかるアトピーグッズといえるでしょう。

 

【管理人プルミー体験談はこちら】
プルミーについて紹介!実際に使ってみた感想とまとめ

 

親なら赤ちゃんの世話に手間がかかるのはあたりまえでしょうから
プルミーを塗るのをめんどくさがる人はいないと思います。
そういう点では、プルミーはいいかもしれませんね。
赤ちゃんはかゆかったら、普通にかきむしってしまうでしょうから
かゆみはどうにかしないといけないでしょうから
プルミーでアトピーのかゆみを抑えるためには
塗り重ねにより、皮膚バリアを作ることが重要になるでしょうね。