ユースキンSのアトピーへのメリット 悪化の可能性も

ユースキンSのアトピー効果

 

自分はアトピーでユースキンSローションも購入しましたね。

 

 

これさぁ。
いい加減自分もわかれって話なんですけど。

 

 

アトピーに保湿ローションとか、結構きついと思います。
キュレルとかでも思いましたけど。

 

普段大丈夫でも、たまに悪化したりするんです。

 

 

言っている意味がわからないかもしれませんけど。
アトピー箇所って皮膚に異常がでている状態なので…。

 

100回使って99回大丈夫でも、1回異常がでたりすることがあります。
100%の安全はありえないっていえばいいかな。

 

 

だから今ユースキンSローションとか、手の荒れ対策としてヘビーに使っています。
手の荒れ対策として、ユースキンSローションを使っていて異常がでたことはないですね。
なくなったら、手の荒れ対策としてリピート購入しようかと思っているほどです!

 

 

だからね。
アトピー以外に使うのなら、大満足なんですけど。

 

自分はアトピー箇所にクリームとかローションとか使うっていうのは、どんなに安全なものでも。
ちょっと厳しいところがあると思っています。

 

アトピー箇所に保湿製品を使うって、一度の判断で
「大丈夫だ」
ってできないんですよ。

 

長くアトピーに使っていると
「悪化したわ」
ってことがあったりするんです。
いや自分の場合はそうでした。

 

 

 

 

 

本当にかゆいときだけ使う

たしかにユースキンSローションを手に使っても思いますけど。
乾燥でボロボロだった手が、つるつるな感じになったりするので。

 

 

ユースキンSローションをアトピー箇所に塗ると、アトピー箇所の乾燥というか異常が少しよくなったように見えると思います。

 

 

ただ万が一、相性が悪かったりして異常がでたら。
塗った本人からしたら、かゆくなったりして悲惨だと思うので。
こういうのは乾燥でかゆくてかゆくてしょうがないときぐらいしか使わないほうがいい気がします。

 

 

自分もキュレルもユースキンSローションも、最初のうちは問題なく使えたんですけど。
あるとき1回だけ、肌が荒れたというか赤くなったんだっけかな。
それで逆にヒリヒリしたような感じになって、アトピー箇所には使うのをやめましたね。

 

「塗るときの手が汚かったのかな?」
とか思いましたけど。
実際はわからないからなぁ。

 

また赤くなったりしたら怖いから、1%でも悪化する可能性があるのなら。
怖くて使えなくなりましたね。

 

 

まぁお風呂上がりにだけ使うのなら問題ないかもしれません。
自分はアトピーがかゆくなったら塗るようにしていたから、ちょっと清潔さに欠けていたかも知れません。

 

むしろそれじゃね?
いや、でも普通にアトピー箇所を触っただけでは、そこまで悪化することはないと思うので。
なんだかんだで、保湿製品ってアトピー箇所が逆に悪化する可能性ってあると思いますよ。

 

 

だからかゆみで困っているときや、乾燥が気になるとき。
そういうときに使うのがおすすめであって、常に塗るような感じの使い方はあまりおすすめしないかな。
いやあくまでも自分はそう思っているって感じですよ。

 

 

まぁどんなものでも使用は自己責任ってこと。
そして人間って失敗して成長しますから…。

 

まぁなんども失敗しても、懲りない人もいますけど。
成功よりも失敗のほうがいろいろ考えるものなんですよ。

 

だから、ユースキンSローションがダメだったとしても。
それは今後につながるかと。

 

 

 

 

 

手とアトピー箇所を清潔にして塗る

ユースキンSを使うのなら、アトピー箇所と塗る手は清潔にしておきたいところです。

 

 

たぶん大丈夫だと思うんですけどね。
自分も使っていましたけど、ほとんど大丈夫でしたから。

 

 

でもほんと1回だけだったんですけど。
使ってアトピー箇所がひどくなったときがあったので、それからはアトピー箇所には使わないで、手の荒れ対策に使っています。
手に塗っていて、異常がでたことは一度もないですね。

 

だからやっぱり
【アトピー箇所って異常がでている超敏感肌】
だというのを理解したほうがいいと思います。

 

敏感肌というか、肌が刺激に超弱い状態なわけ!!
それを理解して保湿製品は塗りたいところですね。

 

【ユースキン関連製品一覧はこちら】
ユースキン

 

 

なんか今思うと、アトピーのためにいろいろ製品を買いましたけど。
アトピー限定と考えると
「うーん」
って思いますが、普段用としては大満足だったりします。

 

さっきも書きましたけど、ユースキンSローションとか、もうアトピー箇所には使う気0ですけど。
手の荒れ対策として、リピート購入しようかと思っているほどです。

 

 

だからアトピー用と考えると、むしろ保湿製品とか使うより。
アトピー箇所にガーゼでも貼っておいたほうがいいような気がします。

 

 

いや冗談抜きに。
アトピー箇所にガーゼをはっておくだけでも、アトピー箇所への刺激はずいぶんガードできますよ。

 

アトピーに貼ったガーゼをとってそのガーゼをみたら、ガーゼに結構アトピーカスのようなものがついていてわかると思います。

 

 

アトピーって手でかきむしらなくても、結構刺激を受けているのだと思います。
なので、保湿製品を使った後に、いろいろ刺激を受けて悪化することもあるのかもしれませんね。

 

たしかにユースキンSローションを塗ったりすると、その箇所に違和感を感じてかきむしろうとは思わなくなります。
ベタベタしているアトピー箇所をかきむしろうとか思わないものです。
でもその保湿な感じがなくなったら、かきむしってしまうかもしれません。

 

 

ガーゼを貼っておけば、ガーゼはずっとアトピー箇所についていますから。
アトピー箇所が気になって手が伸びても、ガーゼに触るだけですからね。
大人アトピーには特に有効だと思います。

 

 

明日のジョーの力石徹が減量していて、でも限界で
「水だー!水をくれー!」
な感じになって、水道のところに行くんですけど、その水道の蛇口は針金でぐるぐる巻きにされているんです。

 

で水が飲みたくても、それで飲めなくて。
最終的には
「お気持ちだけ受け取っておきます」
な感じで水も飲まなかったように…。

 

人間って心に決めていても、限界があるというかな。
アトピーだって
「もう絶対にかきむしらないぞ!」
と思っていても、かきむしってしまうことは多々あります。
自分もそんな感じでなんども自己嫌悪しました。

 

 

でもアトピー箇所にガーゼが貼ってあれば、手がアトピー箇所に伸びてもそこにガーゼがあるから、そこで
「はっ」
と大人なら正気に戻ることができるんです。
小さな子はガーゼを破って、アトピー箇所をかきむしってしまうかもしれませんけど。

 

 

そんな感じで大人アトピーなら、保湿製品よりも自分はガーゼでも貼っておけばいいような気がします。
まぁガーゼはアトピーの場所的に無理なところもあると思いますけどね。

 

自分はおしりや足だったので、普通にガーゼをぺたぺた張って、そのおかげでずいぶんアトピー箇所の治りが早かった気がします。

 

 

スキンケア製品っていうのは、リスクがあると思います。
ただガーゼなら張っても、おそらくその貼るテープっていうの?
それがアトピーのかさぶたを奪っていくぐらいだと思うので…。
リスクは少ないように感じます。

 

ガーゼを当てているだけで、アトピーが悪化とかはないと思うので。
まぁガーゼの中が蒸れてしまったらあぶないかもしれませんけどねぇ。