アトピタのアトピーに効かない理由

アトピタがアトピーに効かない理由

「アトピタを使ったけど、アトピーがよくならなかった」
そんな人もいるかもしれません。

 

 

まぁ単純にアトピタって
【アトピーと関係ない】
ですから。
アトピタとアトピーって別に関係ないですよね。

 

 

名前が似ていますけど。
そんなことを言ったら、フルーツの「柿」と、海の幸の「牡蠣」って名前が同じですけど、別に関係していないですよね。

 

 

屁理屈に聴こえるかもしれません。
少なくとも、アトピタを販売したメーカーはおそらく
「アトピーの人に使って(購入して)もらいたい」
という思いがあって、アトピタという名前をつけたのだと思います。

 

でも、アトピタにはどこにも
「アトピーの人向け」
なんてことは書かれていないわけです。

 

メーカー側は
「アトピーに効果がある」
なんて言っていないわけですから、アトピタにアトピーへの効果を期待するほうが
「勝手に期待しただけでしょ」
ってなるわけですね。

 

 

つまりアトピタがアトピーに効かないとかの話ではなく。
そもそもアトピタがアトピーに効果があるということ自体が
「どうしてそんなことを思ったの?」
ということになるわけです。

 

 

 

 

スキンケア製品でアトピーがよくなるのか?

そもそもアトピタというか、スキンケア製品でアトピーがよくなることがあるのか?

 

 

アトピーという症状は、自分は体の中の異常の症状だと思っています。
皮膚に異常がでるのは、体の中の異常によって、皮膚が弱くなっているからだと自分は思っています。

 

 

つまりスキンケア製品にこだわっても、アトピーが治ることはなく。
あくまでもアトピタのスキンケア製品は
「肌が弱い人でも使える製品」
なんだと思います。

 

アトピーを治すというのとは別であって。
アトピーの人でも使える可能性のあるスキンケア製品ってことですね。
まぁ肌に優しいのかどうかなんて、相性があるので、アトピタが肌に優しいなんて断言できませんけどねぇ。

 

 

そして今って、肌に優しいスキンケア製品が多いので。
アトピタにこだわる理由もないと思います。

 

もちろん、アトピタとの相性が良い人には、アトピタを使えばいいんです。

 

 

 

 

 

アトピタは敏感肌の人が好んで使っている

アトピタは敏感肌の人が好んで使っています。
特に乳幼児のスキンケア対策として、アトピタを選ぶ人が多いですね。

 

 

それも結局使っている人の自由ですよね。
アトピタがないと、育児が難しいってわけでもないです。

 

 

でもそういう点でも、アトピーの人向けな製品ってわけでもないんですよ。
敏感肌の人や、乳幼児に使うために購入している人もいます。

 

アトピタという名前が、どうしてもアトピーを連想してしまいますけど。
アトピタは、別にアトピーとは言っていませんから。

 

実際そういう
【アトピーを連想させる名前の製品】
って結構多いです。
アトピーやアレルギーを連想させる製品って多いですよ。

 

 

乳酸菌サプリメントのアレルケアという商品名は、アレルギーを連想させますよね。

 

最近はアレルナイトなんていうサプリメントかな。
そういう製品も販売されていますけど、それもアレルギーを連想させますよね。

 

 

でもアレルケアもアレルナイトも、別に
「アレルギーとは一言も言っていない」
わけです。

 

だから、アレルギーに効果があるのかどうかは、メーカー側はノータッチなわけです。
メーカー側はアレルギーの人に購入してもらいたいってところがあるのは確かだと思いますけどねぇ。

 

【アトピタの口コミはこちら】
アトピタ全身ベビーソープ泡タイプの口コミ

 

2017年1月のアトピタの評判
口コミ数⇒136件
平均評価⇒4.3点

 

★★★★★  | 87人
★★★★   | 25人
★★★    | 11人
★★     |  5人
★      |  8人

 

 

まぁ口コミや評判で
「アトピタがアトピーに良い!」
って言っている人が多いですけど。

 

それはあくまでも口コミや評判であって。
信じるかどうかはこちらの自由ですよね。

 

 

たとえば、口コミで
「米がダイエットに良い」
「米を控えるのがダイエットに良い」
とこういうことを言っている人がいたら、どちらを信じるのかはそれぞれであって答えなんてないですよね。

 

アトピタも同じように
「アトピタでアトピーがよくなった」
という人がいても、それは口コミ評判でしかないです。

 

 

実際口コミ評判で
「アトピタがアトピーに良いって言っている人がいた」
というのなら、口コミの中には
「アトピタを使いましたけど、肌が悪化しました」
なんていう口コミを投稿している人もいるはずです。

 

そっちのほうの可能性も考えないとおかしいですよね。