プルミーとアトピー

プルミーでアトピーが治せるのか?アトピーのかゆみ対策

プルミーはアトピー向けの製品だとされていますが
それは単にプルミーを販売しているホーネットが

 

アトピー向けに作りました

 

と言っているだけであって、アトピーを治すとか
そういう製品ではありません。

 

 

そもそもアトピーを治す製品なんてあったら革命物だったりするので
プルミーはあくまでも保湿液という、アトピーのかゆみどめ対策の製品です。

 

 

でも人によっては

 

かきむしりを抑えればアトピーは治る

 

人もいるでしょうから、プルミーを使ってアトピーが結果的に治る人もいるでしょう。
逆にいえば

 

かきむしっていたら、アトピーは絶対治らない

 

です。
肌を傷つけているのに、肌が治るなんてことはありえませんよね。
プルミーでかゆみを抑えることができるのかどうかは
人との相性にもよるでしょうが、試してみるのも悪くないと思います。

 

ただプルミーがアトピーを治す製品なのかというと
それはちょっとずれているように感じます。
ホーネットのほうがアトピー向けの製品と言っているだけなので
特にアトピーによい成分が配合されているといったところもないような気がします。

 

安全性が高い保湿ローションとのことですが
最近の保湿製品はどれも安全性が高いですし。
プルミーは保湿製品の1つといったところでしょうか。

プルミーでアトピーを治せるか?関連エントリー

アトピーと食生活
アトピーには食事制限が必要でしょうか?
アトピーとストレス
アトピーとストレスは関係しています。
アトピーと睡眠時間
アトピーと睡眠時間の関係について考えます
アトピーに月いくらお金をだす?
アトピーグッズにいくらお金を出しますか?
アトピーとステロイド
アトピーの代表的な薬ステロイドについての考えです。
アトピーと保湿剤
アトピーに保湿剤は必要?脱保湿剤など保湿剤について考えます。
アトピーと色素沈着
アトピー箇所をかきむしっていると、アトピーが治ったあとに色素沈着が残ります。
アトピーと周りの人の協力
アトピーに他の人の協力は必要なのか考えます。
アトピーとステレオタイプ
アトピーだと固定観念が強くなりがちです。
アトピーと病院
アトピーになったら病院に行くべきでしょうか?
アトピーと副作用
アトピーグッズを使う上で副作用には注意する気持ちが大切です。
子供のアトピーを治すコツ
子供のアトピーを治すコツを書いて見ます。
アトピーは再発する可能性が高い
アトピーは再発する可能性が高いので、再びプルミーのお世話になることも多いでしょう。
アトピーならよく噛んで食べる
アトピーならよく噛んで食べることにより、腸に負担がかからないのでおすすめです。
アトピーは自分自身を知ることが大事
アトピーなら自分自身についてよく知ることが重要でしょう。
寝ているときの掻き癖に注意!
アトピーは起きているときだけではなく、寝ているときも気をつける必要があります。
アトピーは規則正しい生活で治る?
アトピーは規則正しい生活で治ると思います。
アトピーと爪
アトピーは手で書くことが多いです。それゆえに爪の手入れは重要です。
アトピーの治るきっかけ
アトピーはなかなかよくならなかったり、急によくなったりすることがある症状です。
アトピーは一瞬では治らない
アトピーは一瞬で治ったりはしません。ですが、すぐにアトピーが治ることを求めている人がいます。
アトピーはかゆみで悩む!かゆみというものは乾燥以外でもでる
アトピーという症状はかゆみで悩むことが多いんですが、アトピーのかゆみというのは乾燥以外でもでやすいものだと思います。
アトピーのかゆみは我慢できる?
アトピーをかきむしった後は、よく「もうかきむしらないぞ」と思いますが、アトピーのかゆみは我慢できないものだったりします。
アトピーの保湿剤というのは症状を一時的に封印するもの
アトピーの保湿剤というのは、アトピーの症状を一時的に封印するものだといえます。つまり保湿剤の効果がきれたら、再びアトピーのかゆみに悩まされることになります。
アトピーはよくなる!画像紹介
アトピーは治ります。アトピーのときと、アトピーがよくなったときの画像を紹介します。
アトピーはストレスで悪くなる
アトピーはストレスがあるとかゆみがでたり、悪化するので、ストレスをためないことが重要になります。
アトピーに絶対はない
アトピーという症状に絶対というものはないのに、多くの人は絶対を求めるから、専門家も困ってしまう。
アトピーは体の内部から治し、体の外部からの刺激を減らす
アトピーの基本は体の中から治し、体の外部からの刺激をできるだけ減らすことが重要です。
アトピーでもこの世は素晴らしい
アトピーに悩んで、自分ことを不幸だと思う人もいるかもしれませんが、この世の中はアトピーでもそこまでひどくはありません。
アトピーとステロイド
一時期は脱ステロイドが流行りましたが、今ではそれほど脱ステロイドを叫ぶ人も減ったように感じます。プルミーの人気が落ちてきているイメージがあるのも、その影響があるのではないでしょうか。