乳酸菌はアトピーに効果がある?

乳酸菌はアトピーに効果がある?乳酸菌の効果とは

アトピー対策として乳酸菌がよいとされているのは

 

アトピーの人は腸が弱っている

 

といわれているからでしょう。
乳酸菌は善玉菌を増やし、腸内環境をよくする効果があります。

 

 

なぜ腸が弱っているとアトピーになるのかというと

 

腸が弱っていると免疫力が落ちる

 

といわれています。
つまり免疫力が弱っているから、アレルギーの症状が発症しているということですね。

 

逆に考えると、腸が健康ならば免疫力があがり
アレルギーの症状にも打ち勝つことができるといえます。

 

乳酸菌自体がアトピーをやつけてくれるというより
乳酸菌が腸を健康にして、その結果免疫力があがり
免疫力があがった自分自身の体がアトピーを治す

それが乳酸菌がアトピーに効果があるといわれている理由なんでしょう。

 

【アレルケア紹介記事はこちら】
L-92乳酸菌配合のサプリメントアレルケア

 

乳酸菌のメリットは副作用がないという点もあります。
塗り系のアトピーグッズになると、肌にあうあわないがあり
塗ると肌が赤くなってしまう人もいるでしょう。

 

でも乳酸菌には効果がでない人もいるでしょうが
乳酸菌を摂取して体に異常がでたりする人はほとんどいません。
人間の腸内にも大量の腸内細菌がいるわけで
乳酸菌と聞くと、体の中でなにか悪さをすると思う人もいるかもしれませんが
人間の体というものは、そういった菌とうまく付き合って
健康な状態を保っているといえるんですよね。

乳酸菌はアトピーに効果があるのか?関連エントリー

乳酸菌サプリでのアトピー対策
乳酸菌でのアトピー対策というのはできるものなんでしょうか?考えます。